ガンガンノリノリ

Re:吉野と暮らす会さんが主催するガンガンノリノリツアーin吉野に参加して来ました。

ざっくり要約するなら、レンタサイクルやマイバイクでのんびりサイクリングしながら、吉野を満喫しようじゃないかと。

 

僕は電動自転車をレンタサイクルでクルクル。

 

 

まずは吉野中央木材さんにて、丸太の原木を製材する工程を工場見学。

 

中央の大きな機械に帯状の鋸が超高速でクルクル回転しており、スーッと原木を挽き割っていきます。

ニュアンスとしてはヒートカッターでスタイロを切る時の感じ。

 

製品の良し悪しはこの木取りでほとんど決まってくるとても重要な工程。

長年の経験と勘が頼りだそうです。

 

 

こちらは乾燥された木材をつやつやお肌に(プレナー加工)するモルダーさん。

同時に四面加工しちゃうすぐれ者。

 

 

左がモルダーを通しただけの状態。

右はもうひと手間加えた超かんな仕上の状態。

 

写真ではほとんどわかりませんが、右の超かんな仕上の表面は指が吸い付くほどの滑らかさ。

吉野杉の特徴でもあるほんのりピンクがかかった表情。

 

 

休憩地点である桜木神社に祭られていたこの巨木。

思わず拝んでしまいました。

 

それにしても樹齢7~800年。ざ、ざっくり。

 

 

空を仰いでもこの存在感。

神々しい限り。

 

 

クルクルとペダルを運ぶ足がほどよく重くなってきたころに昼食時間。

竹の皮に包まれたお弁当を河原で食べるなんて贅沢なおもてなし。

 

お弁当を頬張りながら…

先人たちはどうして竹の皮が長期保存に向いていると知ったんだろうと考える。

 

余すところなく、使おうとする試みから生まれた知恵…

あっ、この皮でおにぎりをクルクル包も!って一番最初にいた人に逢いたい。

 

 

昼食以降、丸太の一本乗り体験や杉で作られたカヌー乗り体験、灯り作り体験などのアクティビティからの温泉は最高でした。

夢中になり過ぎて、その時の様子はまったくありませんので悪しからず。

こころのシャッターは下ろしときました。

 

吉野の町で遊びながらもモノづくりに対する考え方や想いをクルクル巡らす良い機会となりました。

後、電動自転車の坂道のでの快適さと。

 

トモシゲユウスケ