WORKS 》 Interior

001_小さなへや

所在地/兵庫県尼崎市

家族構成/夫婦(30代)

構造/RC造

規模/地上5階建ての4階部分

築年数/築13年

専有面積/53.55㎡

設計/tmsg architects

施工/リークス関西株式会社

~"よりどころ"から生まれる小さなへや~

 阪急武庫之荘駅からほど近い築13年の分譲マンションの一室の改装計画である。
クライアントからの要望は「身の丈にあった住まいを」ということであり、単なる広さや設備機器の充実では推し測れないゆとりのある空間が求められた。
 ここで考えたことは既存の間仕切りを取り払うことで広くなる空間をいかに仕切るかについて。往々にして壁を基準に家具の配置やへやの使い方を定義されるところが多い。それを逆手に取り、ここでは"よりどころ"と呼ばれる腰あたりの高さの仕切りを配した。それにより日常の生活行為によって見える風景は自ずと異なり、その見える見えないという関係を往復することで視覚的な領域が重層的に繋がれていき、物理的な広さを超えて空間の豊かさを生み出すのではないかと考えている。